伝えたいことが伝わるエントリーシート作成があなたの最高の武器になる。

この記事は就レポメディア編集部けいが担当しています!
インターンシップや就活本番で提出するエントリーシート(ES)では、応募者の強みや志望動機などがチェックされます。ここでは、伝わりやすいエントリーシートの書き方を例文も交えながら解説していきます。
この記事を読んで頂いた後に、すぐに実践できるレベルで初歩的スキルとしてお伝えします。就職活動の最初の関門であるエントリーシートへの苦手意識が少しでもなくなれば幸いです。

エントリーシートを作成する上でやるべきこと

企業の求める人物像を把握する

自分がエントリーシートを提出したい企業は、少なくとも興味を持っているということです。そして、その企業には企業ごとの「求める人物像」があります。
なので、エントリーシートの使い回しはオススメしません。
自分の書きたいことを書くことも勿論大事です。
ただ、エントリーシートを企業の方が見たときに「この学生は欲しい人材だ!」と思ってもらえるかは実は重要なポイントでもあります。話を誇張して書くいうことではなく、話の大小を意識せずに求める人材像に該当しそうなエピソードを探します。

「人に見られる」という意識を持つ

これも非常に大事です。私は普段自社採用や企業様の新卒採用のお手伝いをしています。その関係もあり、日々様々なエントリーシートを見ています。
その中で、「良いエントリーシート」には共有点があるなと感じています。
それは、「エントリーシートの見やすさ」です。
多くのエントリーシートを見る中で、「文字が多すぎる」「一文が長すぎる」「改行がない」と読んでいる側は「見にくさ、読みにくさ」を感じてしまいます。

エントリーシートは自分を表現する場です。
なので、自分の書きたいことはびっしり書きたい気持ちも分かります。
しかし、学生の皆さんには常に「自分がこのエントリーシートを読んだ時にどう思うか?」は考えるようにして頂きたいです。
一文を短く、改行、箇条書きも使いながら「見やすい!」と思ってもらえるようなエントリーシート構成を考えてみてください。
「文章整理力」は社会に出ても必ず役に立つスキルです。

なので、学生のうちから「自分の伝えたいことを分かりやすく、伝わりやすく表現する」ことにチャレンジしてみてください。
この意識を持つだけでも、エントリーシートに自信が持てるようになります。

伝わりやすいエントリーシートの構成

それでは、実際にエントリーシートの伝わりやすい構成をご紹介していきます。

結論をはじめに書く

これは大前提です。よく使われるフレームワークに「PREP法」があります。
「結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論」の順番で話を展開するフレームワークのことです。このPREP法を活用すれば、要点をつかんだわかりやすい文章が書けるだけでなく、説得力のあるプレゼン(面接など)ができるようになります。例えば下記のようなイメージです。

【結論】
私の強みは責任感です。仕事で目標を達成することに、大きな喜びを感じます。
【理由】
4年間続けた塾講師のアルバイトでは、持ち前の責任感を発揮し、20人以上の生徒を第一志望校に合格させることができました。生徒たちに勉強のおもしろさを伝えること。そして志望する学校に進学するサポートをしてあげることが、講師としての自分の役目だと思い、努力と工夫を重ねたからです。
【具体例1】
たとえば、一日の授業を終えたあとは、必ず翌日以降の授業の準備を終えてから帰宅していました。次の授業で扱う範囲の問題をすべて解き、生徒がつまずくであろうポイントをあらかじめ把握し、どう説明するか考えていました。
【具体例2】
また、生徒の成績が下がってしまったときには、教室長や同僚講師と相談したり、学習計画を新しくつくったり、あらゆる手段を試しました。
【結論】
以上のように、責任感の強さによって、私は生徒たちの志望校合格を達成させてあげられました。貴社においても、与えられた役目をまっとうするのはもちろんのこと、期待されている以上の成果を出せるよう努力していきます。

このようにまず出した成果を書くことで採用担当者の目を引きましょう。
その後、背景事情となる具体的エピソードを説明することで自分の活躍を伝える。最後にもう一度結論で締めくくることにより成果を強調しましょう。
プラスアルファで前述の「求める人物像」も頭におきながら伝えるエピソードや構成の仕方を考えていくことがポイントです。

より伝わりやすく整理する為のSTAR法

PREP法に加え、オススメなフレームワークは「STAR法」です。
STAR法について詳しく解説していきます。

<STAR法>
▪︎Situation
最初に概要や状況を述べます。具体的なシーンを述べることが大切。
▪︎Target&Task
自分が解決しようと思った課題や、取り組もうと思った目標について述べます。Targetは「目標」、Taskはそれを自分の「任務」とするという意味です。
一般的には、TargetもしくはTaskのどちらかのみを使用するケースが多いです。
両方活用してもいいですし、それは皆さんの書きやすいやり方でチャレンジしてみてください。
▪︎Action
具体的にその課題解決や目標達成のためにとった行動です。行動は、チームで取り組んだことや、相手に対して働きかけたことが望ましい。
▪︎Result
その結果、どういう成果を生み出したのか、また、その結果を通しての自分の学びや成長を伝えます。

あまり耳慣れしないフレームワークですが、エントリーシート作成に置いてかなり効果を発揮します。使う場所としては、前述の「PREP法」のE(Example)です。
結論に対して、具体的なエピソードを伝える部分でこのSTRA法を活用すると整理しやすくなります。
ここまで整理すると、エントリーシートを書いている段階でかなり自分の頭の中が整理されてきます。少し話は脱線しますが、面接でのエントリーシートの内容を丸暗記して伝えなくてもよくなります。
PREP法とSTAR法のフレームに即して話をしようと考えるだけで、自然と面接官にも伝わりやすくなるので、ぜひご活用いただけると嬉しいです。

エントリーシートの落とし穴

質問に回答できていない

これは基本中の基本ですが、実はできていない学生さんも多いです。
昨今、エントリーシートの質問や形式も様々なタイプが出てきています。
中にはクリエイティブな質問もあったり、イレギュラーな質問もあります。
大事なのはどんな質問がきても「端的に、結論から」回答すること。
エントリーシートはほぼ冒頭で決まるとさえも言われています。
冒頭で「あ、この人質問に回答できていないな。」と思われるとそこから採用担当者の印象を回復させることはなかなか難しいです。
逆に冒頭で「あ、とても分かりやすく回答してくれている。」と思ってもらえれば他の就職活動生と差別化できます。

【例題】あなたが本インターンで学びたいことと生かせる強みを教えてください。
【悪い例】冒頭で質問に答えていない
私は物事を分析できます。私は学生時代に飲食店でアルバイトをしていましたが、売上が低迷していました。その理由はスタッフが忙殺されていたことでした。

文章としては成立していますが、冒頭に「本インターンで学びたいこと」「生かせる強み」が書いていません。1行目でこの後の文章を読まれない可能性も高い例文です。

文章が長すぎる

次にご紹介する落とし穴が、「文章を短くしているつもりでも、短くなっていない」です。就活生は端的に文章をまとめる経験が少なく、文章が長くなりがちです。一文一文が長いと、読む側は疲弊します。次の文章を読んでどう感じるでしょうか?

【例題】あなたが課外活動で頑張ったことを書いてください。
【悪い例】
私が課外活動で頑張ったことは、所属しているサッカー部で、チームを巻き込んで改善策を出し、グループリーグ2軍優勝へ導いたことです。私の大学では、サッカー部が1軍から3軍に分かれており、未経験の私は3軍に入りました。そんな中で以下の行動を実践しました。
まずは、「句読点が多すぎ」「1文が長い」が掛け算になっており読みづらい文章になっています。まずESを書いたら誤字脱字含めて読み直して、「1文に1つ以上の意味がないか」をチェックしましょう。

エントリーシートは「ただ書くだけ」ではダメです。
書く側も、それを読む側も存在しているということを忘れないでください。
皆さんの就職活動がより良いものになることを願っております。

就活悩んでます…という方へ!就レポが無料相談実施中!

就活サービスの口コミサイトである『就レポ』が
さらに就職活動を支援するために無料就活相談を実施することになりました!

5月にはweb面接に対する就活生の不安を取り除くことを目的にweb模擬面接を実施し、1ヶ月の期間限定でしたが、30名以上の就活生をサポートしました。
実施後アンケートでは「選考対策に大いに役立った」と回答した人が参加者の80%とかなり好評をいただきました!

頑張って就職活動を続けている21卒の学生、何をすれば良いのかわからない22卒の学生…
いろいろな悩みがあると思います。少しでも就活生のお力に慣れれば!と思っています。

・実施形態:オンライン
・料金:無料
・時間:30分

普段は人事への採用コンサルティングをしているので、
きっと就活生の力になれるはずです!!
ご相談お待ちしています!